スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

<丸顔の真実>流派「頭頸部一塊査定派」を確認

『丸顔の真実』



第16回 流派「頭頸部一塊査定派」を確認


微に入り細に入り、丸顔について深く追及する
当コーナー『丸顔の真実』


今回は久々に、丸顔の流派についての記事である。


(⇒第7回「丸顔にも流派がある」)



おさらいすると、丸顔の流派には
①平行光線平面投射輪郭判定派
②頬至上主義派
③全角度球形論派
④平滑面構成求道派

の4つがあると論じてきた。


おのののか
おのののか(マルチタレント)


・・・しかし予てより、
「首から上の頭骨全体の形状」
重視する意見も受けてきた。

これは上記①~④のどの流派にも属さない
そしてこの意見は、同時に複数名から確認が
取れた。



・・・よってここに、5つ目の流派、
「頭頸部一塊査定派」
を新たに追加する。


桜井ひかり
桜井ひかり(女優・グラビアアイドル)


・・・さて、この頭頸部一塊査定派だが、
読んで字のごとく、首から上の頭部(頭がい骨)
を一つの塊(かたまり)
として重視し、その
丸みで丸顔と判定する流派である。

つまり、パッと見
「胴体の上部に丸い物体が載っている」
ということに最も重きを置く流派なのだ。


忽奈汐里
忽奈汐里(女優)


傾向として、他の流派に比べ、
・パーツの出来については軽視
・多少の縦長や角張りは気にならない

という特徴がある。

・・・そして、最も特筆すべきは、
評価が髪型に左右されやすい
ということである。



例えば、下記の例をご覧いただきたい。


<新垣結衣>

■髪型アップ
新垣結衣

■髪型ナチュラル
新垣結衣



<小宮有紗>

■髪型アップ
小宮有紗

■髪型ロングナチュラル
小宮有紗



頭頸部一塊査定派にとっては、
「髪をおろしている」ときの写真だけ見ていた
のでは、丸顔を感じることができない

「髪型をアップ」にしているときが、最も
評価が高くなる、という傾向がある。


つまり、評価が髪型に影響されやすいのである。
「アフロヘア」なんて、もってのほか…である。



さらに追究すると、おでこの形状も重視して
いる傾向が見て取れるのだ。


・・・なるほど、非常に興味深い
そして、未知なる価値観に、胸躍らせず
にはいられない



菊川怜
菊川怜(マルチタレント)


ちなみに、この記事中のイメージ画像は、
頭頸部一塊査定派の評価が高い著名人たちである。
(当コンテンツの判定で丸顔に該当しない者も
いることを、ご理解いただきたい)


全日本丸顔協会は旧態依然をよしとせず、
新たな価値観にも常に挑み続け、さらに丸顔に
対する見分をさらに広げていき、その
素晴らしさを伝え続けていく所存である。

ご意見、ご感想、そしてリクエストもお待ち
しております。





↓判定基準・協会ポリシー↓
全日本丸顔協会
スポンサーサイト

<真実>丸顔はどこからきたのか?④

column_title



第15回 丸顔はどこからきたのか?④


微に入り細に入り、丸顔について深く追及する
当コーナー『丸顔の真実』


(⇒第15回からの続き)


今回の「丸顔はどこからきたのか?」シリーズ
の②と③において、縄文人・弥生人の特徴と
その日本への流入経路について学んだ。

おさらいをしておこう。



<縄文人>

縄文人モデル図
<特徴>
・顔幅がある(縦につぶれ気味の)輪郭
・骨っぽい顔の面構成

宮里藍
イメージ: 宮里藍(プロゴルフ)




<弥生人>

弥生人モデル図
<特徴>
・のっぺりした(フラットな)顔の面構成
・縦に長い面長な輪郭

大島由香里
イメージ: 大島由香里アナ(フジテレビ)



古代日本においては、上記二民族が存在し、
長い時間を経て混血が進んでいったのだ。




そして、その結果が・・・

縄文人+弥生人

・アスペクト比が低い(縦につぶれ気味)
・骨っぽくないつるりとした顔面面構成

という特徴を持った「丸顔」が多く発生した。

日本人の丸顔は、遺伝の観点から見ても、
必然の結果。これほど優秀な丸顔を持つ
民族は稀なのである。まさに、奇跡だ。



シリーズ「丸顔はどこから来たのか?」
感動のフィナーレを迎えた。

丸顔は日本人のアイデンティティ。
この誇るべき丸顔を、これからも世界に向けて
発信していきたい所存である。




↓判定基準・協会ポリシー↓
全日本丸顔協会

<真実>丸顔はどこからきたのか?③

『丸顔の真実』



第15回 丸顔はどこからきたのか?③


微に入り細に入り、丸顔について深く追及する
当コーナー『丸顔の真実』



(⇒第14回からの続き)



前回の「丸顔はどこからきたのか?②」にて、
日本人のルーツは、「縄文人」「弥生人」
であることを学んだ。

ではその両者が、どのようにしてこの日本列島
に流入
してきたのか、さらに掘り下げてみる。



縄文人のルーツは南方、スンダランドにあると
されている。

スンダランドとは、古代東南アジアに存在した、
ユーラシア最南端の大陸の一部分である。

これが縄文時代前に南方ルートを介し日本に
たどり着き、定住したとされる説である。

縄文人 流入ルート

スンダランド人はここから四方にすみかを広げ、
日本・東南アジア以外にも、オセアニア以東
地にも上陸していったとみられる。

前回の記事で取り上げた、サイクロン被災の
バヌアツ人も、そのルーツはスンダランド人
であると言われている。


さて、縄文人の特徴としては、前出の通り、
・背が低い
・下顎の幅がある(顔が縦につぶれている)

といったところがあげられる。


宮里藍
宮里藍(プロゴルファー)

こうして、縄文時代に大規模な稲作をせず
狩猟をメインとしていた縄文人は、当時陸続き
だった太平洋岸に沿って北上し、日本全土に
広がっていった。

そして各地で、縄文土器をはじめとした
文化の痕跡を残しているのである。



やがて時は弥生の時代へと移る。

完全につながっていた朝鮮半島との陸地
ルート
もなくなりつつあった時代。
北方アジアを起源とする民族は、九州から
日本列島にたどり着いたとみられる。

弥生人 流入ルート

やがて縄文人同様、日本列島各地に広がって
いく弥生人。彼らは大規模稲作の技術
持ち合わせていた。

すなわち、集団で生活することを基本としてた。
これは先住民であった縄文人の土地を侵攻するに
足る大きな力であったはずだ。


弥生人は、北方起源であるがゆえ、
・背が高め(やや面長)
・豊かな体型

という特徴を持っていた。

大島由香里
大島由香里(フジテレビアナウンサー)


すみかを失った縄文人は、北海道沖縄にて
居を構えることとなる。

これが、琉球人アイヌ人という離れた地で
縄文人が存在
し続ける根拠となったわけである。



・・・以上がかつて定説であった、縄文人と
弥生人の日本列島流入
の一連の流れである。



⇒(第16回へ続く)



※当記事は、2000年以前に定説となっていた
 日本列島流入説をもとに記事を書いており
 ます。
 遺伝子学的に見たアイヌ人≠琉球人説、
 弥生人の北海道からの流入・北方流入説、
 縄文人≠スンダランド人説など、諸説ある
 ことは、筆者も承知しております。


↓判定基準・協会ポリシー↓
全日本丸顔協会

<真実>丸顔はどこからきたのか?②

『丸顔の真実』



第14回 丸顔はどこからきたのか?②


微に入り細に入り、丸顔について深く追究する
当コーナー『丸顔の真実』



(⇒第13回からの続き)



今回も、「丸顔はどこからきたのか?」
について、引き続き追究していく。


さて、日本における丸顔のルーツを語る前に
不可欠となるのが、我々日本人自身のルーツ
であろう。


ベッキー
ベッキー(マルチタレント)


思い出していただきたい。
義務教育・社会科の授業を・・・。

日本における考古学は、『縄文時代』から
スタートし、『弥生時代』に移っていくことに
なるが、各々の時代、異なる民族が日本列島に
流入してきたとされる。


それでは、最初に日本に住み着た縄文人
次に日本に入ってきた弥生人の特徴について、
以下にまとめるので確認していただきたい。




縄文人の特徴

縄文人モデル図
↑縄文人モデル図↑


<縄文人の特徴>
・顔の形状は縦につぶれている
ジョーサイド(えら)が張っている
・眉毛は太い
・唇は厚め
・目は二重まぶたで大きくぱっちりしている
・福耳である
・鼻の幅がある
・髪の毛は黒く剛毛


著名人では、宮里藍が近いイメージだ。
宮里藍
宮里藍(女子プロゴルフ)




弥生人の特徴

弥生人モデル図
↑弥生人モデル図↑


<弥生人の特徴>
・顔は縦に長い輪郭
・顔の面構成はのっぺり平ら
・頬骨は大きくしっかり主張している
・眉毛は薄い
・唇は薄め
・目は一重まぶたで涼しげ
・髪の毛は細め


イメージとしてはニュースJAPANの大島アナが比較的近い。
大島由香里
大島由香里アナウンサー(フジテレビ)
(大島アナは奥二重)




上記の通り、日本の歴史において、
縄文人と弥生人、2つの民族が主役であること
がわかった。

次回はその民族の流入経路について学ぶ。
乞うご期待。



⇒(第15回へ続く)



↓判定基準・協会ポリシー↓
全日本丸顔協会

<真実>丸顔はどこからきたのか?①

『丸顔の真実』



第13回 丸顔はどこから来たのか?①


微に入り細に入り、丸顔について追及する
当コーナー『丸顔の真実』
久々の掲載である。


今回のテーマは「丸顔はどこから来たのか?」

当記事では、そのプロローグを掲載する。



・・・実はこのテーマ、長い間当協会でも
研究し続けている内容だが、なかなか結論に
至らない。

おのののか
おのののか(グラビアアイドル)

というのも、数々の参考文献を読み漁っては
いるものの、考古学という分野も新説が次々と
打ち出され
、これといった結論が出ていないと
いうところが現状なのだ。


何が真実なのか・・・?


当協会も好奇心は多分にあるものの、このまま
では当協会運営委員自らが「考古学」という
大海原へと船出しなければならないような
勢いになってきた。


吉田知那美
吉田知那美(カーリング)


・・・しかしこれでは、本末転倒

丸顔の素晴らしさを伝えるのが本分である
当協会が、考古学を究めるために必要以上の
時間を費やすのは本来の目的を逸している。
これでは日本考古学協会丸顔分科会といった
ありさまだ。甚だ不本意である。


・・・そこで、2015年となり、年も改まった
ところで決心した。


横山由依
横山由依(AKB48)


今回のシリーズ「丸顔はどこから来たのか?」
のよりどころは、2000年までの定説とし、
それ以降の新説は参考とはするものの、
根拠にはしない。

もちろん、新説の方が有力だという事実も
多々あるものの、ここは敢えて避けて通る。

「ここは譲れない」というこの分野に一日の長
があり、細かく説明していただける方、
コメントをいただければ幸いである。


縄文 VS 弥生
(リンク)読売新聞特別展「縄文VS弥生」
↑参考になる資料が掲載↑


これから数回続く、「丸顔の真実」
お楽しみに。



⇒(第14回へ続く)



↓判定基準・協会ポリシー↓
全日本丸顔協会
プロフィール

RFAJ運営委員会

Author:RFAJ運営委員会
全日本丸顔協会
the Round Face Association of JAPAN
http://rfaj.web.fc2.com/


TEL 050-3470-1900
FAXは設置しておりません


↓判定基準・協会ポリシー↓
全日本丸顔協会

当協会へのご連絡は
こちらまで
メール
rfaj.comittee@gmail.com

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。