FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

<コラム>平安時代に関する教材と丸顔


column_title



第25回 平安時代に関する教材と丸顔


かねてより、
「丸顔をよしとする習わしは、平安時代から
現在に至るまで脈々と受け継つがれている
日本の文化である」

と、説明してきた。

平安時代の丸顔画
コラム「丸顔の文化と歴史について」 参照


そして経済産業省所管の独立行政法人である、
日本の情報技術をつかさどる団体、IPAこと
「情報処理推進機構」「教育素材」のページ内
において、平安時代の丸顔について触れている
内容が存在する。



平安丸顔 解説
IPA「教育用画像素材集」(別サイトリンク)




この素材の解説は下記の通りである。

貴族の女性の化粧(けしょう):平安時代
「貴族の女性は丸顔で白いのが美しいと
思われていた。そこで顔全体を…(後略)」

・・・このような内容で書かれているが、
当協会としては一家言あるわけで、この一文を
加えていただきたい。


「そして丸顔を愛でる文化は現代に伝えられ、
今もなお国民の心を躍らせ続けている。」


・・・ここまで記載できれば完璧だろう。
当協会でも足元にも及ばないような、熱烈な
丸顔愛好家であっても納得できるはずだ。



またコンテンツ内の動画を確認すると、
平安時代の化粧は、元の眉毛位置よりさらに
上方に眉を描いていた
ようだが、これでは
顔のアスペクト比が上がってしまう・・・。

せっかく真円に近づいた丸い輪郭を、自らの
化粧で相対的に縦長に見せかけていることに
なるのだ・・・。非常にもったいない化粧だ。


もし、当協会が平安時代の貴族にアドバイス
できるとしたら、眉毛の位置を低く描くことを
強く勧める。

菊川玲仲間由紀恵
菊川怜(マルチタレント)/仲間由紀恵(女優)
仲間さん、ご結婚おめでとうございます


現代において、丸顔と呼ばれる人は、
目⇔眉の距離が近い場合が多いのだ。

これは無論、顔のアスペクト比が下がるからに
ほかならない。



さて、そんな千年以上続く現代でも華やかな
我が国の丸顔文化。

西暦3000年頃の、我々の子孫が見る学校の
教科書には、もしかすると教育素材として、
現代の名だたる丸顔たちがページを彩っている
かもしれない・・・。

福原愛吉岡聖恵
福原愛(卓球)/吉岡聖恵(いきものがかり)

そんな二千年以上の時の流れに思いを馳せ
ながら、今夜も丸顔を愉しむとしよう。
いつの世も、丸顔は素晴らしい・・・。




↓判定基準・協会ポリシー↓
全日本丸顔協会
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

RFAJ運営委員会

Author:RFAJ運営委員会
全日本丸顔協会
the Round Face Association of JAPAN
http://rfaj.web.fc2.com/


TEL 050-3470-1900
FAXは設置しておりません


↓判定基準・協会ポリシー↓
全日本丸顔協会

当協会へのご連絡は
こちらまで
メール
rfaj.comittee@gmail.com

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。